不倫・浮気の慰謝料請求をされた方

妻のいる男性と不倫をしていたら、相手の妻に不倫がばれた・・・
結婚している女性と性的関係を持ったら、女性の夫に浮気がばれた・・・

このように不倫・浮気をしたことが相手の配偶者に発覚すると、慰謝料を請求されることになります。

当事務所の弁護士は、慰謝料を請求された方からのご依頼を多数承っており経験豊富ですので安心してご相談ください。

不倫・浮気慰謝料を請求されたときこんなお悩みはありませんか?

  • 突然弁護士から不倫慰謝料請求の内容証明が届いた
  • ○日以内に慰謝料を払わないと法的措置(裁判)をすると書いてある
  • 高額な慰謝料を請求されている
  • 既婚者だと知らなかったのに慰謝料を請求された
  • 毎日のように不倫相手の配偶者から電話がかかってくる
  • 会社や身内に不倫の事実をバラすといわれている

このようなお悩みは、自分で対処しようとせずに、まずは弁護にご相談ください。

不倫・浮気慰謝料請求の対応を自分でやろうとすると・・・

  • 相手に言われるがまま高額の慰謝料を払ってしまう
  • 相手との交渉のストレスで精神的にやんでしまう
  • 話がこじれて直ぐに裁判を起こされてしまう
  • 交渉でもめて家族や会社に不倫がバレてしまう

慰謝料を請求されたときに、自分で交渉するとこんな結果になってしまう人が多いです。
弁護士に相談したからといって裁判になるわけではありません。弁護士の交渉による迅速な解決を目指しましょう!

不倫・浮気慰謝料の減額を弁護士に依頼するメリット

1 相手と直接話す必要がなくなる

不倫・浮気をされて感情的になっている相手方と直接交渉するのは、強いストレスを感じるはずです。
不倫・浮気をしたのが事実であれば、こちらが悪い以上、強気に出ることもできず、ひたすら怒られ続けたり、謝罪を求め続けられたりすることもあります。
慰謝料が請求された場合に弁護士に依頼すれば、弁護士が代わりに相手方と交渉を行いますので、あなた自身は直接相手方と話す必要がなくなります。

2 法外な請求には屹然と対応できる

不倫・浮気をしてしまったからといって、相手の法外な請求に応じる理由はありません。ですが、当事者同士でやりとりをしていると、泣く泣く相手の法外な要求に応じてしまう方もいます。
また、一度法外な要求に応じてしまうと、それ以降もずるずると要求をされ続けることもあります。
弁護士に依頼すれば、法外な不当要求について屹然とした対応をとることができます。
例えば、会社へバラすという脅しとともに金銭要求をされる場合には、それが、恐喝行為や名誉毀損行為にあたることを相手方にはっきりと警告したりすることもあります。

3 法的な慰謝料の減額・免除要素を主張できる

不倫・浮気をしてしまったのが事実であるとしても、法律的に慰謝料の金額を減額したり免除したりする事情は様々あります。
弁護士に依頼すれば、単に慰謝料が高すぎるので下げてほしいという「お願い」ではなく、法律的にこういう理由で慰謝料は減額・免除すべきという「法律的な反論」をすることができます。

4 弁護士に窓口を一本化して解決することにより周りにばれにくい

弁護士がいないと慰謝料を請求する連絡が急に携帯、自宅電話や職場にかかってきたり、自宅や職場に書面が郵送されたりする場合もあり、家族や職場にばれるきっかけとなってしまいます。
弁護士を依頼すれば、相手からの連絡は全て弁護士に一本化するので、いつ急に相手からの電話や書面が届くかなど心配する必要もなくなり、不倫・浮気問題が周りにばれにくくなります。

相談すべきタイミング

次のようなときは今すぐ弁護士にご相談ください。

不倫相手から、配偶者に不倫がばれたのでわかれたいと言われた

→今すぐ相談度10%
まだ、慰謝料を請求されるかはわかりませんが、その可能性は充分あります。早い段階で弁護士に相談しておくのも悪くはないでしょう。

不倫相手の配偶者から電話や書面で連絡がきた

→今すぐ相談度50%
このように不倫相手の配偶者から連絡が来た場合には、不倫浮気の事実が発覚し、近いうちに慰謝料請求をされる可能性が高いです。
今後どのような対応をすれば良いかについて、この時点から弁護士に相談するのがおすすめです。

不倫相手の配偶者から具体的に○○万円の慰謝料を払えと請求された

→今すぐ相談度90%
実際に慰謝料を請求された場合には、その金額が妥当かどうか、どのように対処すれば良いかについて弁護士に相談した方が良いのは間違いありません。ここでご自身で対処しようとすると、逆に解決が長引いてしまう可能性があります。

弁護士から内容証明などで慰謝料を請求する書面が届いた

→今すぐ相談度99%
相手が弁護士に依頼して慰謝料を請求している場合には、裁判も辞さないという強い意志があると考えられます。また、交渉の相手方は弁護士になるので、ご自身で対処しようとすると法律の知識や経験で非常に不利になる可能性があります。
ここで、悩んでいて時間が経ってしまうといきなり裁判を起こされることも珍しくありません。
緊急案件なので今すぐ弁護士に相談しましょう。

自分で交渉していたら裁判を起こされた

→今すぐ相談度100%
裁判を起こされてしまった場合には、裁判所から訴状などの通知が来ているはずですが、これを無視してしまうと裁判に直ぐに負けてしまい、給料や預金などあなたの財産が差し押さえられてしまいます。
裁判の1回目の期日に間に合うようにできる限り早く弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談すると慰謝料を減額しやすい場合

次のような場合には、弁護士に相談すると慰謝料を大幅に減額できることが多いです。
1つでも当てはまったら、直ぐに弁護士に相談しましょう。

  • 不倫前から相手の夫婦関係が破綻していた
  • 不倫相手が既婚者であることを知らなかった
  • 不倫の期間が短い、回数が少ない
  • 不倫相手が離婚していない
  • 肉体関係まではなかった
  • ダブル不倫だった
  • 不倫相手が既に多額の慰謝料を請求者に払っている
  • 不倫がばれてから3年が経過している

慰謝料を請求されてから解決までの流れ

当事務所の不倫浮気慰謝料相談が選ばれる理由

① 相談は時間無制限で何度でも無料!

慰謝料を請求されそうなときに相談したいが、内容証明が届いたらまた相談したいという方もいます。
当事務所では慰謝料を請求された方の相談は何度でも無料ですので、安心して最初の段階から相談できます。

② 弁護士費用は着手金が無料の完全成功報酬制

当事務所の弁護士費用は完全成功報酬制ですので、慰謝料を減額できた場合にのみ弁護士費用が発生します。

③ 夜間・土日相談可能、完全予約制の個室相談

相手から内容証明が届いたら、今すぐにでも相談したいという方が多いです。そのため、夜間や土日のご相談にも対応しております。
また、完全予約制の個室でのご相談なので、プライバシーを充分確保をすることができます。

不倫慰謝料減額交渉の弁護士費用

着手金 無料 ※裁判を提起した場合は15万円
報酬金 20万円+減額した金額の16%(税別)

費用についてはこちらも参照

不倫浮気慰謝料を請求された方のQ&A

Q:弁護士に依頼すると裁判になってしまうのでは?裁判になるくらいなら法外な慰謝料でも払ってしまいたい・・・

A:弁護士に依頼すると裁判になるわけではありません。示談交渉がまとまらない場合に裁判になります。むしろ弁護士を依頼し早期に交渉をまとめることによって、裁判を起こされなくなります。

Q:慰謝料を一括では払えないがどうすれば良いでしょうか?

A:基本的には毎月払える金額で分割払いの交渉をすることになります。不倫・浮気をしたこと自体は間違いなのであれば、誠意を示して、毎月支払える金額とその理由を示すなどして、粘り強く交渉する必要がありますので、弁護士にご相談ください。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

アクセス
千葉県船橋市本町2-6-13
船橋クレールビル301
船橋駅南口徒歩8分、京成船橋駅徒歩7分
主なお客様対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス
ページトップへ