慰謝料請求の内容証明

不倫の慰謝料請求をする場合、内容証明で慰謝料を請求することも多いです。
それではなぜ、内容証明で慰謝料が請求されるのでしょうか?

内容証明とは?

内容証明郵便とは、郵便を出した内容や発送日、相手が受け取った日付等を郵便局が証明するサービスです。

普通郵便で書面を送っても、その書面の内容に何が書いてあったか、その書面をいつ送ったか、相手が受け取ったかどうかについて後から証明することはできません。

この点、内容証明郵便であれば、これらを全て証明することができるのです。

内容証明で慰謝料請求をする理由

それではなぜ、内容証明郵便で慰謝料の請求をすることが多いのでしょうか。
大きな理由は次の二つです。

一つは相手に請求者の本気度を伝えて、慰謝料請求を無視されないようにするということです。
もう一つは、慰謝料の時効を伸ばすために、内容証明で送ることで「催告」をしたことを証明するためです。

慰謝料請求の内容証明を送る際に注意すべき点

不倫慰謝料請求の内容証明を送る場合に注意しなければいけない点もあります。

まずは、請求書の文言です。慰謝料請求自体は正当な権利であっても、その請求の文言によっては恐喝や脅迫行為となり逆に訴えられてしまう可能性もあります。
請求書の文言は穏便なものにするか弁護士に相談するなどしましょう。

次に、請求書の送り先です。相手の住所を知ることができるのに意味もなく相手の勤務先宛などに請求書を送ってしまい、それを勤務先の同僚等に見られてしまった場合、書いてある内容が本当のことであっても名誉毀損になる可能性があります。
請求書の送り先をどこにするかは注意して他の人に見られないような配慮をしましょう。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

アクセス
千葉県船橋市本町2-6-13
船橋クレールビル301
船橋駅南口徒歩8分、京成船橋駅徒歩7分
主なお客様対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス
ページトップへ