不倫による妊娠

不倫相手が妊娠した場合、どうのように対処すれば良いかは非常に難しい問題です。
子供を産むのかどうか、離婚して再婚するのかどうか、単に慰謝料などのお金だけで解決できる問題ではなくなるからです。
ここでは、不倫相手が妊娠した場合について解説します。

不倫相手から妊娠したといわれたら

まずは妊娠が本当かどうか確認する必要があります。市販の妊娠検査薬では確定的にはわからないので、病院に一緒に行き確認しましょう。

妊娠したのが事実であれば、お腹の子をどうするかを話し合いましょう。実際に子供を産むのは妊娠した上ですから、あなたが一方的に中絶した方が良いとか、生んだ方が良いとかをいうべきではありません。
結論を直ぐに出させるのではなく、二人で落ち着いて話し合い、不倫相手が結論を出せるようにしましょう。

子供を産むことにしたら

子供を産むことにしたら、今の配偶者と別れて不倫相手と一緒に住むのか、不倫相手との関係を清算するのかを決めないといけません。
また、その子供を認知するのかどうかも決める必要があります。ただし、不倫相手が認知を望んだ場合には、拒否したとしても強制認知の訴えを起こされることになります。
さらに、認知をするかどうかは別にしても、養育費の支払いはする必要があります。
したがって、子供を産むことにしたら、配偶者に不倫の事実を隠し通すのは不可能と考えた方が良いです。
今後どうするかについて、配偶者とも二人でしっかりと話し合う必要があるでしょう。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

アクセス
千葉県船橋市本町2-6-13
船橋クレールビル301
船橋駅南口徒歩8分、京成船橋駅徒歩7分
主なお客様対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス
ページトップへ