不倫・浮気慰謝料の相場

配偶者の浮気が発覚して、慰謝料を請求したいと考えたときに気になるのは、一体慰謝料はいくら請求できるのかということでしょう。

また、不倫をしてしまった方も、慰謝料を請求されそうなとき、一体いくら慰謝料を請求されるのか気になるかと思います。

一般的に不倫・浮気慰謝料の相場は50万円から300万円と言われており、かなり幅があります。
そうすると、自分の場合は一体いくらの慰謝料が妥当なのかについて悩まれると思います。

そこで、ここでは不倫・浮気慰謝料の相場について解説します。

法律で慰謝料の金額は決まっていない。

不倫慰謝料とは、不倫浮気により受けた精神的苦痛を埋め合わせるために払われるお金のことをいいます。

これは、法律上は不法行為に基づく損害賠償として定められていますが、法律にはどんな苦痛を受けたら慰謝料をいくらにするかということは一切書いてありません。

つまり、法律上は慰謝料の金額は決まっていないことになります。

慰謝料の相場はいくら?

それでは、慰謝料の相場というのはどのように決まるのでしょうか?

これまで、日本では数多くの不倫慰謝料の裁判が行われてきました。裁判官は、法律に慰謝料の金額が書いているわけではないので、慰謝料の金額を自由に決めることができます。

そうはいっても、裁判官の気持ち次第で慰謝料の金額が変わるのは問題ですし、同じような苦痛を受けた人の慰謝料が裁判官によって全く異なるのは不公平です。

そこで、裁判官はこれまでの裁判例から、似ている状況の場合には同じような金額の慰謝料を認定することになり、これが不倫慰謝料の相場となるのです。

こうして裁判官が認定した慰謝料の金額を調査すると、不倫慰謝料はそのほとんどが50万円から300万円の範囲に収まっていることがわかります。
したがって、やはり一般的にいえば不倫慰謝料の相場は50万円から300万円ということができます。

慰謝料を増減額する事情とは

慰謝料の相場が50万円から300万円といっても、かなり幅があります。
それでは、この幅はどうしてあるのでしょうか。
それは、不倫・浮気といっても様々な状況があるため、それによって受ける精神的苦痛も様々あるからです。

不倫慰謝料に最も影響を与える事情として、不倫により夫婦が離婚したかどうか、別居したかどうかとういものがあります。
一般的には、離婚及び別居の有無によって次のような相場があります。

浮気が原因で離婚した場合 150万円~300万円
浮気が原因で別居した場合 100万円~200万円
別居せず夫婦関係を継続する場合 50万円~100万円

また、離婚と別居の有無だけではなく次のような事情を考慮して最終的な金額が決まります。

浮気の期間、回数、頻度、内容

浮気の期間が長いほど、回数が多いほど精神的苦痛は大きいと考えられ慰謝料の増額事情となります。

婚姻期間

婚姻期間が長いほど、浮気による夫婦関係破綻の精神的苦痛は大きいと考えられるので、慰謝料の増額事情となります。

浮気発覚前の結婚生活の状況

浮気発覚前に、夫婦関係が悪かった場合には、浮気による精神的苦痛もその分少なくなるとして慰謝料の減額事情となります。
逆に夫婦円満であった場合には、増額事情となります。

夫婦間の子供の有無と子供の年齢

夫婦間に子供がいる場合には、夫婦関係破綻による子供への影響もあることから精神的苦痛は大きいと考えられ、慰謝料の増額事情となります。また子供の年齢が低いほど、増額事情となりやすいです。

浮気相手の反省の有無・程度

浮気相手が浮気を認めず、証拠があるのが発覚して渋々認めたような場合は、反省していないとして慰謝料の増額要素となります。

慰謝料の相場と実際の慰謝料

これまでみてきた50万円から300万円という慰謝料の相場とは、裁判で判決担った場合の慰謝料の相場のことです。また、それを増減額する事情も裁判所が慰謝料の金額を決めるにあたって考慮する事情を上げたものになります。

ところが、不倫慰謝料の請求や支払いは、裁判所で判決が出る件数よりもはるかに多くの件数が、裁判になる前に解決したり裁判中であっても和解によって解決されたりしています。

そして、裁判になる前に解決されている慰謝料の金額や、和解による慰謝料の金額は、裁判所が判決により決める慰謝料の金額とは異なることも多いです。
それは、裁判所が慰謝料を増減額する事情とは別の事情があるからです。

例えば、請求する側が早期に解決したいと考えれば、裁判所の考えるであろう金額よりは少なくなることも多いです。逆に請求された側が早期に解決したいと考えれば、裁判所の相場より高くなることもあります。

また、請求された相手にほとんど財産がない場合には、裁判で勝っても回収可能性がないので、少しでも回収するために低額で示談することもあるでしょう。

このように、裁判所の判決以外の場所で決まる慰謝料の金額は、早期解決の希望や資力の有無で、これまでみてきた慰謝料の相場とは異なるものとなることもあります。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

弁護士相談申込み

空きがあれば、時間外相談・当日相談・土日祝日相談可能。

面談は完全予約制です。

047-436-8575(相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00)

メール24時間受付中。時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

当日相談をご希望の場合

当日(平日)の5時までにご確認ください。

土日相談をご希望の場合

金曜日5時までにご確認ください。

アクセス
千葉県船橋市本町2-6-13
船橋クレールビル301
船橋駅南口徒歩8分、京成船橋駅徒歩7分
主なお客様対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス
ページトップへ